預金利率が微々たる今だからこそ、投資で資産を増やしましょう。自分にあった投資を選択すれば、危ない物ではありません。

今こそ始めたい投資と資産運用〜今お勧めの金融商品〜

今だからこそ投資を

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バブル崩壊以降、日本は長く景気が低迷しています。
バブル以前は、定期預金をしていれば、それなりの利率で資産を増やすことができましたが、バブル以降は、預金の利率は微々たるもので、預けていても、ほんの僅かばかりの利息が付くのみです。
まだまだ、利率が上がる気配もなく、しばらくは、ただ単に資産を預けるだけの預金は続きそうです。
バブル以降の低金利時代でも、何とか資産を増やそうと、株、FX、ファンド、国債など、様々な資産運用が話題になりました。
それらに投資し、無事資産を増やした人もいれば、逆に痛い目に遭った人もいることでしょう。
資産運用はそう簡単なものではないということは、皆さんご存じのとおりです。
そこに投資するというのは勇気がいりますね。
そもそも、バブル自体、株や、土地などへの投資が失敗したことからはじけてしまったのですから。
しかし、だからと言って、投資そのものが悪いことかというと、それは間違った考え方です。
資産は有効に活用してこそ意味があるものです。
いつまで持っていても、増えもしない、減りもしない資産ほどもったいないものはないと思いませんか。
今までに投資で失敗している人は、投資が悪いのではなく、投資の仕方に問題があったと考えるべきです。
投資にはいろんなものがあります。
世の中の流行に乗るばかりの投資では失敗の確率も高くなるかもしれません。
自分に合った投資方法を選択していれば、決して危ないものではないのです。
自分にさえ合っていれば、ハイリスク・ハイリターンの投資も悪くないと思います。
堅実性を望むのなら、他の投資と比べればリターンは少ない物の、比較的安全で、しかも預金と比べれば、大きなリターンを得られるものもあります。
例えば、少額からでも投資を始めてみれば、そのうちに自分に合った投資の方法が見つかるかもしれません。
大事な資産ですから、流行に流されるのではなく、慎重に検討し、自分にあった投資を続けていくことが大事です。

Copyright (C)2016今こそ始めたい投資と資産運用〜今お勧めの金融商品〜.All rights reserved.